高分子ナノシートと太陽黒点や日食の観測

      2018/11/12

aluminum 高分子ナノシートと太陽黒点や日食の観測

太陽を直接見る事は通常しない行動だと思います

太陽を直接見る事は大変に危険です。

日食の時には日食グラスやアーク溶接用のグラスを使かって安全に観測します。

 

今回は、口径が110mmの反射望遠鏡に、高分子ナノシートを使って太陽を見る事に挑戦しました。

注:この実験は大変に危険です、正しい規格のナノシートを使ってください。
普通のシートでは、失明する事もあるので安全に観測する事が出来ません。


スポンサードリンク

以前は、天体望遠鏡専用の接眼レンズに取り付けるタイプの

ムーングラスやサングラスが販売されていました。

昨今 大口径の反射望遠鏡が、一般的になってきた事で

この接眼レンズに取り付けるタイプではレンズの材質によって、

最悪 失明するような事故が起こるようになりました。

その為、最近では、接眼レンズのアダプタータイプのサンブラスは販売されなくなっています。

 

今回のポイントとなる考え方は、光力が倍増された光を出口で減光するのではなく、

反射望遠鏡に光が入る入口で減光させる方法が安全に太陽観測が出来ると言う事になります。

今はこの方法が一般的になっています。

 

写真の試作品は、この減光フィルターに高分子ナノシートを使って手作りしました。

この方法では、口径が 200mm や 300mm の反射望遠鏡でも全く問題なく安全に眼視する事が出来ます。

使った感想は、安心して鮮明な太陽黒点を長時間にわたって観測することが出来ました。

 

次回は、ぜひ 日食を口径110mmの反射望遠鏡で観測したいと思います。


スポンサードリンク

 - 金属技術情報