ブロードバンドの利用が制限されている地域に住むと意外なプロバイダトラブル苦情

田舎に引っ越しする場合は、地域のインフラが起こすトラブルに気を付けようインターネットプロバイダに関するトラブル

電話回線高速インターネットや光ケーブルインターネットを複数のプロバイダから契約する事が出来る地域にお住いの場合は、この様な情報は必要ないと思います。

しかし、地域のインフラが原因で何かの問題が生じてしまい、良い方法と考えている時の少しのアイデアになればと思います。

ブロードバンドの利用が制限されている地域に住んでいる場合は、LTE モバイルルーター、WiMAX を使うと信頼性の高い高速インターネットサービスを利用する事が出来ます。

LTE モバイルルーター、WiMAX (モバイルwifi ) の場合は、初期費用やケーブル工事費用や契約解除時にかかる工事と諸経費もかかりません、工事不要ですぐにインターネットが使えます。

2年以上の契約を行った場合は、インターネットの接続に必要なモバイルwifi 機器も無料で使用も可能です。

LTE モバイルルーター、WiMAX (モバイルwifi ) は、全国(携帯電話がつながる地域)で使用が可能です。

外出した場所でもプライベートのインターネット環境を使う事が出来ます。

パブリックのWIFI エリアサービス は、ハッキングの危険性が高く 重要な情報をやり取りする時に使うにはリスクが大きすぎると思います。

今は、無制限でパケットを受信したり送信する事が出来るサービスも価格が下がり 提供する会社も増えています。

この様なインフラの進歩に伴い、田舎で ブロードバンドの利用が制限されている地域に住んでいる場合でも 価格の安い 新しい方式で便利な インターネットサービスを利用する事が出来るようになりました。

2019年3月では、キャッシュバックキャンペーンなど、料金も2年間で月額2170円と言った価格も提示されています。

新しく引っ越しした地域には、ケーブルTV会社の運営するプロバイダで地域に1社しか無いような場合は、契約条件が非常に悪い場合があります。

例で言えば、スピードの遅いインターネットなのに価格が高い 通常のサポートは問題が無いが、いったんトラブルが起きると対応が変わり無視やリスポンスが遅くなる、何かにつけ費用が取られる 設置費用や退去工事費 などなど、

この様な契約内容には気を付ける必要があります。

LTE インターネット(モバイルwifi ) サービスを提供している会社の場合は、一般的な地域と同じ様にビジネス競争があるので上記の様な長い年月 独占でビジネスを行ってきた会社が起こすトラブルを心配する事もないと思います。

どちらにしろ、選択が1つしか無いと言う環境より 少しでも多くの選択が出来る環境の方が、ストレスもなく安心して日々の生活とインターネット活用が出来ると思います。

くれぐれも この様なトラブルには巻き込まれないようにしてください。

スポンサーリンク