AVR マイコン ATmega328P Arduino UNO を プログラマーとして使う

Arduino UNO を プログラマー で使う Arduino IDE / ATmega328P

AVRマイコン ATmegs328P-PU を使って電子工作とプログラミングに挑戦しましょう。

おすすめするIDEで、スケッチの書き込みには、Arduino IDE を使います。

Arduino IDE には、多種のスケッチ例が付属しているのでプログラムを学び始めた人にはおすすめのIDEです。

このIDEには、多くの説明サイトや説明書籍も出版されているので効率よく学習する事が出来ると思います。

AVR マイコン ATmega328P-PU 仕様

次に必要なパーツは、PC(コンピューター)と ATmegs328P-PU 間の通信をになうUSBシリアル変換モジュール / USB-UART モジュール です。

多くの種類のUSB-UART モジュールが販売されています、しかし、この様なモジュールのほとんどが中国製であるために文書化、ラベル付けやデザインの不備など 適切なタイミングでリセットボタンを押す必要がある物やDOA(Dead on Arrival) だけの物も存在します。

初めて AVRマイコン ATmegs328P-PU と ブレッドボードを使って学習を始めた人には、これらのUSB-UART モジュールが頭が痛い問題を起こす原因になってくると思います。

基本的で簡単な電子工作でプログラムの学習をする前に、PC(コンピューター)と ATmegs328P-PU 間の通信でエラーが出ているのに、この事が把握できないために このマイナーな問題の解決に多くの時間を費やす事になります。

色々なサイトを調べたり、必要でもない書籍を購入したりして 無駄な時間と費用を費やす事になります。

この様な、負のスパイラルには遭遇したくないですね。

そこで 次の方法を提案します。

1つのボード (Arduino UNO) を2種類の用途で使用して効率を上げる

ほとんどの人は、手ごろな価格の Arduino UNO を使ってスタートすると思います。

Arduino UNO には、色々なタイプの ATmega328P AVRマイコンを搭載した物が販売されています。

しかし、今回 購入する Arduino UNO は、ATmega328P-PU が装着されたものを購入してください。

このタイプの Arduino UNO は プログラマーとして使って ブレッドボード上の ATmega328P-PUに Arduino スケッチを書き込む事が出来るのです。

この方法では、Arduino UNO を プログラマーとして使うので 上記の様なトラブルは一切 起こりません。

安心と時間のセーブと効率を考えるとこの方法が いかに合理的かが お分かりいただけると思います。

この方法で気を付けるところは、Arduino UNO をプログラマーとして使う場合 Arduino UNO に装着されている ATmega 328P-PU IC チップを取り外してください。

配線方法は、次様になります。

今回は、購入した Arduino UNO が プログラマーとしても使える事をお知らせしました。

通常は、ブレッドボードの ATmega328P-PU で実験を行い、追加の検証が必要な場合は Arduino UNO を使って確信を得る事が出来ます。

ストレスなどは無く 楽しく学習してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする