AVRマイコン Atmega328P-PU ブートローラー書き込みでアルデュイーノUNO

AVRマイコン Atmega328P-PUを使って Arduino UNO を作りましょう。

Atmega328P-PUを230円で購入し、ストックしているパーツを使って低価格のArduino UNOを作ってみました。

今回は、Atmega328P-PU以外のパーツは、すでに持っていたので実質230円でArduino UNOを作る事が出来ました。

今回 使った部品は下記の表に記載しておきます。

ATmega328P-PU IC Chip 1個 230円
16MHz Crystal Oscillator 1個
22pF セラミックコンデンサー 2個
10KΩ 抵抗器 1個
ブレッドボード 1個

今回のポイントは、新しいAtmega328P-PUを入手しても そのままの状態では Arduino IDE を使って Atomega328P マイコンにスケッチを書き込む事が出来ないと言う事をお知らせしたいと思います。

まず、最初にする操作ですが、新しく入手したAtmega328P-PUにブートローダーを書き込みます。

スポンサーリンク

Atmega328P-PUにブートローダーを書き込む手順は次のようになります。

1.今回 Arduino UNO をブートローダーの書き込み機(ライター)として使います。

Arduino IDE を 起動させます。 ファイル→スケッチ例→arduinoISP→arduinoISP の順番に進み(arduinoISP)をクリックします。

2.新しいウインドウが立ち上がるので、マイコンボードに書き込みをクリックしてArduino UNO を書き込み機(ライター)にして使う仕様にします。

3.ブレッドボードにATmega328P-PUを装着して下記のように配線する。

4.Arduino IDEを起動させます。

ツールから次の様に設定して下さい。

ボード Arduino / Genuino Uno
書き込み装置 arduino as ISP

5.(ブートローダーを書き込む) をクリックしてください。

下記の画面が表示されたら、新しいATmega328P-PUに正しくブートローダーが書き込まれました。

では、新しく作った Arduino UNO を使って、スケッチ例のLEDが点滅をするスケッチを書き込みます。

Arduino IDE の設定を通常の状態に変更しましょう。

ボード Arduino / Genuino Uno
書き込み装置 AVRISP mkⅡ

PCからUSBシリアルアダプターを使ってATmrga328P-PUにスケッチを書き込みます。

問題なく、正常にスケッチのアップロードも出来ました。

こんな感じです。

このブレッドボードとATmega328P-PUを使って次々と実験を行いたいと思います。

1つお知らせですが、新品のATmega328P-PUを購入する際にブートローダーが販売時にすでに書き込まれているチップも販売されています。

この IC チップを購入すると今回の様なブートローダー書き込み作業をしなくても簡単にATmega328PをArduino IDEで作動させることが出来ます。

では、次回はこのボードを使った実験をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする