鍛造金属と鋳造金属の構造の違いを考える

      2016/04/11

forgin 鍛造金属と鋳造金属の構造の違いを考える

鍛造した金属を使った部品は、強度が高く弾性特性にも優れている

部品の製作には、フォジンダイを作る事から始まります。
最初の設定に費用が掛かる為に一定のロッドがないと新しい部品を作る事はできません。
しかし、ニッケルクロム鋼を鍛造してパーツを作ると強度の高い製品を作り出す事が出来ます。


スポンサードリンク


鋳造でパーツを作る場合は、単品で制作する事に適しています。
鋳造で製品を制作した場合は、製作後の熱処理が有効に影響を与えます。
また、時間が経つと分子の配列が安定した状態になるので、製造結果の良い製品を時間を経ってから熱処理してから使う言う事も良く聞きます。
良い製品を作るためには、多くの過程を行う必要があります。
良い材料を使って製品を製作する事は、良い製品を生み出すために重要なポイントなります。

スポンサードリンク

 - 未分類, 金属技術情報