エンジンをリビルトする時に役に立つ簡単な知識エンジンのリビルト1

      2016/06/13

engine11-300x93 エンジンをリビルトする時に役に立つ簡単な知識エンジンのリビルト1


engine11-300x93 エンジンをリビルトする時に役に立つ簡単な知識エンジンのリビルト1

パワーの落ちたエンジンをリビルトしましょう

エンジンをリビルトする場合は、クランクシャフトのメインジャーナルとメインベアリングのオイルクリアランスとクランクピンのオイルクリアランスを正しく設定する事が重要です。

この値が正常値の場合は、エンジンのリビルトを行っても失敗する事はありません。

プラチスゲージを使って確認する事は、確実な検証が出来てとても安心だと思います。

次に注意が必要な部品はピストンリングのクリアランスです。

ここはシックネスゲージを使ってピストンを組み付ける前に正しい値にしてください。

ピストンリングクリアランスが少し大きくてもエンジンは壊れませんが、予定していたホースパワーが下がると思います。

限度はありますが、ピストンリングクリアランスが狭い方が問題になると思います。

すべての確認が終わると、部品を洗浄して順次組み立てを行ってください。

クランクシャフトキャップとコネクティングロッドの取り付けにはトルクレンチを使う事をお勧めします。

組み立てたあとに打音や異常な振動が無ければ問題はありません。

エンジンがスムーズに回転してパワーが復活すると充実感が得られます。


スポンサードリンク

 - エンジンのリビルト