350シェビースモールブロックを使ってストローカー383エンジンを作った

SANYO DIGITAL CAMERA

シェビー350/5.7L スモールブロックを使って、ロングストローク383cu/inch ストローカーエンジンを作る

0.030インチオーバーサイズボアの4ボルトメインのSBC(スモールブロックシェビー)ブロックが安く手に入ったので、以前 買ったSBC400/6.6L用の3.750”ストローククランクシャフト、ラージジャーナルをミディアムジャーナル/2.45”にアンダーサイズにした物を引っ張りだしてきました。

この組み合わせでは、 0.030インチオーバーサイズのピストンキットで383cu/inch 0.060インチオーバーサイズのピストンキットで388cu/inchになります。

オーバーサイズが0.060インチで使われているブロックがあれば安く入手できますが、摩耗で使えな状態だとスリーブをいけなくなるので、購入の際は事前にシリンダーのボアサイズの確認をお勧めします。

想定外の追加の加工が必要になると、ブロックを安く入手しても全く目的がかわり追加の加工費用が掛かって大損をおする事になります。


スポンサードリンク
追加されたストローク分、ピンハイの低いピストンを使って準備は完了です。
メインベアリングは、STDサイズを購入しました。
プラチスゲージでオイルクリアランスを確認して、すべての値が正常で問題はなく組み立て開始です。
ストローカーはトルクがあがるのでカムシャフトもボリュームのある物を選ぶ事をおすすめします。

オイルポンプは、もちろん 定番のSBC用ハイボリュームオイルポンプですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする